できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS イマジネーションという第6感

<<   作成日時 : 2012/07/16 07:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 7

画像



この1週間に3人もの偉大な鍼灸の先生方にお会いしました。先週の中野先生、松本岐子先生、そして今日のマスタートングの1番弟子のヤン先生です。

昨日&一昨日と博士号の生徒(写真下)を教えててあることに気が付きました。
治療に大事なのは想像力と自信であるという事です。そしてそれを含めて初めて技術と呼べるのです。

僕の言う想像力というのは鍼灸治療での手技でこのツボを打てばどういう結果になるかという事を一瞬で頭に描いて(潜在意識から呼び戻して)その通りにする事。

たとえばゴルフのスイングの前に悪いフォームや結果を想像して打つと悪い結果が導かれる事が多々あります(池ポチャとかね)。だから人はポジティブな想像をして打とうとします。トレーナーの巻くテーピングだって同じ事が言えます。
貴方は梅干しを(5感を使わずに)想像しただけで唾が出ますか?
タイガーウッズはグレープフルーツを想像しただけで口の中に唾があふれると言います。 想像力とフィジカルのコーディネーション力が尋常でない証拠です。鍼もその能力を高めれば効きもかなり向上すると僕は信じます。これには鍛錬も必要です。また同じツボを使っても違う効果が出る事もあります。それは打つ人が何の為に打ったかという事(想像力の違い=目的)も左右してくると思います。

そして自信というのはそれを何回も、何回も繰り返し、数をこなして、しっかり自分のものになって初めて本当の自信に繋がり、それが又必ずその結果を導く事。もちろんうまくいかないときもあるけどその時は打ち直したら必ず効かせるという自信も含めてです。

前回も言った様に自信のない治療の効き目はあまり良くありません。
料理だって気持ちが伝わるのに治療での氣が伝わらない訳がありません。
人間対人間の氣のコミュミケーションですからね。その時に不安を伝えるか、それとも絶対の自信を伝えるか、経絡を巡って患者さんの身体に作用する時、違いは歴然になって来ます。だって普段でも自信があるときの行動って全然違うでしょ?

偉大な先生方に追いつくには技術(フィジカル)を真似てるだけでは限りがあるのかもしれません。想像力(メンタル)もフルに使う必要があるのです。

これらは口で言うのは簡単ですが自分のものにするのは容易ではありません。
かといって慣れてしまえばいつでもどこでも無限に使える可能性も秘めています。

人間には視覚、聴覚、味覚、触覚、臭覚の5感があります。物事に秀でている人はこれに次なる第6感として目には見えない、形にない、メンタル的な比重が大きいイマジネーション力に富んでいるのかもしれません。

これは僕がフッと思った事に過ぎません。でももしも当たらずとも間違っていなければ、、、僕も僕なりに鍛錬してみようと思います。どう思いますか?


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
いっぱいブログ気持ち玉ありがとうです。
こんな時に限ってコメントなし。
みんなのフィードバック聞きたかったのになぁ。
take
2012/07/20 12:58
上手く説明できませんが・・・
開業した頃の治療は「つぎはぎ」だったような気がします。先生の講習会を通して、自分の治療に「流れ」というか「一体感」ができてきたと思います。
訴えのある症状、また隠れている症状をいかに時間の中で解消・緩和できるか。
ある意味、一瞬にしてイメージ、シュミレーションをして実行に移さなくてはいけません。
先生のおっしゃっていること、納得です。
私が先生の講習から学んだことだと思います。
Hitomi
2012/07/20 14:04
コメントありがとう。鍼灸師って(僕もみんなも)1人でやる仕事だから1人の世界に入りがちだよね。だからたまには自分の意見を客観的に見据える事も大事だと思うんだ。だから今回自分の考えをみんなに聞いてみました。

”流れ”って必要だよね。最後に患者さんが笑顔で帰れる事を考えながら(イメージしながら)治療をするとその逆算で色々新しいアイデアも出てくるよ。今度セミナーで会った時にいいやり方教えてあげるね!
take
2012/07/21 01:23
秋のセミナーにも参加したいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
「1+1=2」のように万人共通の答えのない世界。
「これでいいのかな〜」が「これでイイや、こんなもんだ」とならないようしなくてはと思っています。
ご指導よろしくお願いします。
Hitomi
2012/07/21 18:31
想像力ってすごく大事だと思います。
僕は鍼灸に関してはまだまだ経験が浅いのでこれだ!という例えが出てこないですけど、
小学校の頃からやっていたサッカーでは思い当たる物があります。
昔からフリーキックを蹴るのが好きでいろいろと工夫しながら一人で何時間も蹴ってました。
その時に自分のフォームとボールの軌道を蹴る前にイメージします。
それからそのイメージのままボールを蹴ると思った通りの場所に思い描いた軌道でボールがとんでいくという事がありました。
初めの内は思い道りに行かないことがほとんどでしたが、より強くはっきりとイメージをすると成功するケースが増えて行きました。
ボールにカーブをかけて曲げるときも頭の中では曲げる!って意識しながら蹴ったりしてます。

最近は鍼を打つ時は気の流れだったり、患部が治って行くことをイメージしながら鍼を打ったりしています。
試行錯誤の毎日ですがイメージをする、集中をするという事を忘れないように心掛けています。

何も考えずにやるのと想像力を働かせながらやるのでは得られる経験にも差が出てくるのかななんて思います。

特に大きな壁にぶち当たった時は想像力が壁を乗り越えるのに重要だったりするのではないかと僕は思います!
mitsu
2012/07/24 15:54
前回はモチベアップ↑、今回は「むむっ」と考えさせられました。
イマジネーション・・・確かに弱い気がします。
ありがとうございます。
今から始めます。。。

そういえば最近蹴ってないな〜
ばんぶ〜
2012/07/24 23:47
実はオリンピックやプロの選手からも同じ事を聞きました。僕も自分の言ってる事は間違いじゃないとは思うけどベストな方法を模索していました。サッカーにしろゴルフにしろピッチャーにしろそれを瞬時に考えて実行出来るには訓練もいるしそれを自分のものにするには根気=時間=継続も必要になって来ます。ぼくはあれからずっとこれをやっています。鍼を打って経絡の流れを、、、雀啄しながら、、、患者さんが良くなっていくのをイマジネーションします。とりあえずやってみなきゃはじまんないもんね。
just do it!
take
2012/07/25 01:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
イマジネーションという第6感 できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる