できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米教育相違点から見る実技の必要性について(2)

<<   作成日時 : 2011/11/06 04:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


前回では米国にはインターンシップ制度がある事を話した。

これは解剖、生理、病理、衛生、、、など基本的な科目を取得し、経穴や取穴、実技の授業を終えた生徒が学内の試験に合格し、初めて患者さんを目の前にして学ぶ実践的かつ臨床的な授業である。

約1000時間のインターンシップでは患者さんへの問診、視診、触診、そしてそれらの情報から証をたて、治療方針、取穴、そして治療となる。もちろん僕たち教授がスーパーバイザーとして後ろにいてひとつひとつをチェックする。

チェック要項は患者さんの主訴に対してインターンが適切なアプローチをしているか、治療方針は間違っていないか、そしてそれらに対してスーパーバイザーが取穴や漢方薬処方のアドバイスや確認をする。

一人一人が使う部屋は毎回違っていても使うものは殆ど同じなので部屋にヒーリングの音楽を入れたり、アロマセラピーを使ったり、気分が落ち着く様に装飾したりとある程度インターン個人の自由が許される。

患者さんはもちろん外来で腰が痛いとか肩が痛いとか、また内臓疾患であったりと症状は色々だ。日本では多くは筋肉疾患(痛みに対しての治療)が主であるが米国では内臓疾患も漢方薬を併用したりとそれらの治療の需要も多い。

治療費はかつて(僕が学生の頃)$25ぐらいであったが今では$38(エンペラー大学院附属治療室参考)となっている。外部での一般のクリニックでの一回の治療費は$70(僕のクリニックでの治療費)から$300ぐらいとばらばらであるがその中でも$38は安い方である。もちろん生徒自らの治療ではあるがスーパーバイザーが付いているので高いか安いかは患者さんの評価になる。

次回はこの日本ではないインターンシップ制度の違いが学生にどのような影響を与えるかを考えていきたい。

鍼灸実技セミナーのお知らせ;
http://www.sportsigaku.jp/center/adv%20seminer%20top.html

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。この写真でモデルになっているmusashiです。
今はカリビアンで客船内の鍼師として働いております。船内での治療費は$150。日本で保健治療をメインにしていた私にとってはかなりのギャップを感じる設定です。しかし、自分の技術に自信を持ち、患者様の健康の手助けに必要であることがうまく伝われば1週間のクルーズで3回・5回とリピートしてくれることがわかってきました。逆に自分の治療費が高すぎると思いながら説明していると、それが伝わっているようで、その患者様は治療にきてくれません。まだまだ課題は山積みですが、大和魂を胸に秘め頑張ります。お血処置はアメリカ人にも効果抜群ですね。
musashi
2011/11/10 01:25
お〜ひさしぶり〜!5年ぶりか?
元気に頑張ってるな。俺も嬉しいよ!
自信もって治療すると効果も増大する。反面それがないと効きも今ひとつの時もあるよね。患者さんにも伝わるんだよね。自信を持つ為には数こなして、悩んで、それを克服して、、、だから本当の自信が生まれる。成長してるムサシを誇りに思います。

アシスタントで使ってくれる?チケット送って〜(笑)
take
2011/11/15 07:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
日米教育相違点から見る実技の必要性について(2) できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる