できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 博士号

<<   作成日時 : 2011/07/19 07:22   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今月から僕の卒業したサンタモニカにあるエンペラーズ大学院博士号の授業が始まりました。今学期は僕の担当するスポーツ医学と東洋医学の授業です。今年で6年目になります。もちろん生徒は10人前後の有資格者(将来の東洋医学博士)で少人数なのでクラスの盛り上がりに多少欠けても、みんな真剣な眼差しで講義を聴いているのでこちらも緊張します。僕もこういう講義は何年もやっているのであがったりはしませんがさすがに用意に時間がかかる。今はパワーポイントで日本でのアドバンスコースのようなプレゼンテーションを行い、デモンストレーションも多くやります。

日本も米国も共通しているのは座学よりもみんなデモンストレーションや実技が好きですね。僕もそうだった様に傾向的に特効穴や僕の即効穴に興味があるようで、、、僕自身もただ講義をするより、実際に患者さん(モデル)を使っての実技の方が色んなのを見せられるのでやりやすいです。ギャグも飛ばしやすいし(もちろん英語で)、みんなもよく笑ってくれる(笑)。

ただ米国は日本と違って中医学が主流なので質問の種類が少し違ってきます。中医学は証をたてて、脈診して、、、又、選ぶツボも違っているので質問の答え方に考える時もでてきます。でもごまかしたりは絶対にしないのでわからんとこは宿題にしてもらい次回にでもしっかり説明出来る様にしています。生徒の殆どはもう開業して何年というベテランなので初日は少し試され(いじめられ)ます(笑)。僕は顔がおぼこいし、年下に見られるので、、、今回も25年やってると言ったら3歳の時からやってるのかと笑われたけど、この年になって年下に見られるのはある意味いい事です。

最初は色々聞かれてからかわれても、授業が始まり、デモンストレーションでビシビシ決めていくとみんなの表情が変わっていくのがわかる。やっぱりこの世界治してなんぼなのでそれは世界共通。しっかり見せればみんな付いて来てくれます。さすがアメリカ。真実と正義はまだ生きているって感じ。もしもデモンストレーションで治せない患者さんがいたら、、、と考えると恐ろしいけど、今回もしっかり出来ました(安堵)。

今回はオープンクラス(博士号進学希望の生徒は聴講に来てもいいクラス)だったので翌日、大学院の理事長と部長(教授長)からお褒めのお言葉を頂きました。彼らも生徒の後から見ていたようです。そして生徒の何人かは翌日患者として僕のクリニックに来てくれました。彼らの紹介の患者さんも何人か来てくれて気が付くと、何か大学院で営業して来たような感じでした。

日米いいとこ色々あるけど一番の違いは、、、生徒の反応。彼らはみんな肉食なので(日本は草食らしいけど?)リアクションがかなりオーバーです。拍手もくれるし、ぎゃあぎゃあうるさいのは僕好み。だから自分でも乗って来て気が付くともう時間ぎりぎり。日本でアドバンス受けた学生さんもちょうど遊びに来てくれて、日本と比較すると、、、こっちの方が全然盛り上がってたと言ってくれました。僕はどっちも好きだけど、所変われば反応変わるって感じかな。

日本でのアドバンスコースは関西11月12日(土)、13日(日)で関東11月19日(土)、20日(日)です。興味のある方はその日空けといてね。
又盛り上がろうぜぃ!

P.S. ワールドカップで又泣いてしまった。凄い!日本人に生まれて誇りに思います。
    力を与えるってこういう事かもね。見えない力、大切にしたいね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
博士号 できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる