できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍼灸実技セミナー開催のお知らせ 

<<   作成日時 : 2010/02/20 17:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

「スポーツ障害に対する鍼灸術アドバンス編」
昨年7月に開催しご好評を頂いたアドバンスコースですが、今回は米国オリンピックチームやアスリートのスポーツ障害、一般の患者さんに施す、ストレス、内臓系疾患への治療法をご紹介します。アドバンスコース最大の利点は小人数制のため6時間30分の実技セミナー中、受講者別に質問、手技指導、取穴の確認など詳細に学ぶことができます。もちろん今までの復習として基本治療もしっかりカバーします。アドバンスコースならではの高度な手技と、実際に明日から使える即効性のあるテクニックを学び、患者さんのために活かしましょう!実技指導を充実させるため、各日定員30名です。お早めにお申込みください。

●受講内容
・基本治療復習 (於血処置、免疫力向上、ホルモンバランス、内臓調整)
・内臓疾患に対しての穴の選び方、疾患別処置法 (脾経、肺経)
・鍼灸師の為のスポーツリハビリテーション (腰痛患者に対しての段階別運動療法)
・実技 (取穴、刺入、角度、深度、そして実際の治療)
・腰痛に対してのピンポイントケア
(股関節、背部、仙骨、梨状筋や臀部の治療、座骨神経痛、椎間板から来る腰痛、腰椎3,4,5番の痛みに対して等)
◆大阪会場
4月10日(土)/11日(日)
午前9時30分〜午後5時
会場:履正社医療スポーツ専門学校
大阪市淀川区十三本町3-4-21(十三駅徒歩3分)
◆横浜会場
4月17日(土)/18日(日)
午前9時30分〜午後5時
会場:湘南医療福祉専門学校
横浜市戸塚区川上町84-1(東戸塚駅徒歩2分)

受講料: \15,000(鍼・実技用品込)
受付開始:午前9時 
各日定員30名(1開催)
<詳細・申込み>
http://www.sportsigaku.jp/
カリフォルニアスポーツ医学センター
<すぐに申込む>
・大阪会場に申込む osaka@sportsigaku.jp
・横浜会場に申込む yokohama@sportsigaku.jp

@お名前 A学校名/勤務先 B電話番号、C受講する日付を記載



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。今年も秋田のサッカーチームと契約を更新しました。今はキャンプ期間で忙しくも選手との生活を楽しんでます。25日にシーズンのゲーム日程が出ます。遅いかもしれませんがその後に参加出来れば申し込みます。最後になりますが、今年も宜しくお願いします。
ようすけ
2010/02/20 23:40
セミナー皆勤賞、大阪の山下浩平&笹尾可那です。いくつか質問があります。
@武さんの足が心配です、私生活は当然のことセミナーに影響はありませんか?
A参加人数が30名となっていますが、以前のように50名近くとなってしまいますと満足のいくセミナーとなりません、きっちり30名以内でしょうか?
B全てのセミナーに参加しているのですが、そこで話されていない新しい情報は全体の何%くらいでしょうか?

回答よろしくお願いします、そしてお大事にに。
山下浩平
2010/02/23 18:47
ようすけ君、元気そうだね。遅くなっても気にしないでわかり次第、申し込みして下さいね。

さて、しつこいようですが参加人数は30名の限定です。
今回はもっと個人的に話が出来る様に考えています。
大阪会場、前回は応募者が多すぎて、ご迷惑おかけしました。この紙面を持って再び、深くお詫び致します。

足の心配してくれてありがとうね。僕は根性で治すなんてそんな古い思想は持っていません。科学的に診断、治療、エクササイズをして、整形外科医、PT、カイロドクター、ATC、そして鍼灸師からなる当センタースタッフの応援と指導に基づき、6週間後の来日には全く影響ないようプログラムをたてています。保証致します!

今回のコースでの”講義”は今までのセミナーでは全くしていません。”実技の基本治療の復習、そして腰痛治療”は今までにご紹介した事もあります。もちろん新しいのも持て行きますよ。実技は基本をセミナーでデモンストレーションでみせて、コースで応用として練習する形をとっております。セミナーで理解しても(目で見ただけで)実際に(手で治療として)使えなければしょうがないからです。今まで紹介したテクニックを実際にしっかり効かせられる様になれば、またもっとアドバンスのテクニックをお教え致します。聞きたければ実技の際に直接僕に聞いて下さい。

質問にお答えすれば腰痛患者への運動療法なども入れて半分は新しい情報です。

最後に山下君、ありがとう!君の質問は他の人たちも聞きたかった事と思います。個人的な治療の質問も持ってきて下さいね。
是非、一緒に話し合おう!
take
2010/02/24 05:10
回答ありがとうございます、申し込みさせていただきました。
一点要望があります、以前のアドバンスセミナー、そして今回のアドバンスセミナーで紹介される『鍼灸治療に関する情報以外の資料』についても印刷配布をお願いしたいです。以前のアドバンスセミナーではたしかアスレティックリハビリテーションのパワーポイントを見せていただきましたが、資料がなく復習が満足にできませんでした。ですので以前のものと今回もその点をできる限りで結構ですので資料としていただきたいです。
よろしくお願いします。
山下浩平
2010/02/24 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
鍼灸実技セミナー開催のお知らせ  できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる