できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューメキシコでの鍼灸セミナー

<<   作成日時 : 2008/07/05 04:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

先週末にニューメキシコのアルバカーキという町で行われた師匠の松本岐子先生(写真中央)のセミナーに出席しました。昔から1年に一回、LAのみで先生のセミナーを受けていたのですが違う場所でもと思い、今年で僕がここでのセミナーに出席するのは3年目になります。ニューメキシコ州は大変暑く、湿気も多いし、飛行機の乗り換えも大変で特にロスアンゼルスに戻る飛行機に毎度遅れが出ます。今回は雷雨(数メートル先が見えない程、物凄かった)で3時間程遅れて帰って来ましたが大変充実した週末でした。夜は岐子先生や中野先生と一緒に食事して軽く飲みながら歴史の話(3人とも大好き!)に盛り上がります。よく日本のNHK特集や“その時歴史が動いた”などのビデオを交換し合ったりする程です。

セミナーではいつもながら我が師の手技には圧倒され続けました。岐子先生は僕のセミナーと同じく実際のモデルを使って講義をしながらその場で治療(かなり良くなる)もさることながら想像つかない穴を使ってあっさり痛みを取ってしまったり、その場で見ている方も(もちろん患者も)驚く効果を出します。毎回、先生のセミナーに参加するとモーティベーションも上がるし、新しく学んだ手技を自分なりに咀嚼して患者に使うのを帰りの飛行機から楽しみにしています。ちなみに岐子先生のセミナーは毎年2回、大宮と京都で行われるので興味がある方は是非参加してみてくださいね。

いつもこのニューメキシコのセミナーに来る時は先輩の中野先生(写真右、以前このブログで紹介したニューメキシコ州で開業している鍼灸師)と一緒に行きます。会場までのドライブ中は二人で鍼灸談義に花咲かせ、僕にとっては大先輩なので色々と治療に対しての質問等もさせてもらいます。中野先生はオーリングテストを使って食物アレルギーや服用している薬が体に適しているかどうか調べる技を見せてくれました。どんなに良い漢方薬もその患者に合わなければ意味がありません。一回に飲む量や他の薬との適用度も瞬時に調べます。驚くべき事は腎臓や胆石等の1ミリ程の大きさの石(キャットスキャンでも未だ見えない)の場所と大きさをも見つけてしまいます。医師も驚くらしいです。僕にとっては神業の様ですが練習を重ねていずれは使える様にしたいと思ってます。中野先生のクリニックで予約を取るのは2、3ヶ月待ちな程、混んでますが実際にはこのような細かい治療もしています。セミナーは色々な人が来て、彼らの考えや技を垣間見る機会でもあります。多くのセミナーはかなり高い(米国では2日で$400ぐらい)ですが自分に投資する気持ちで(実際かなり役立っているし)これからも続けるつもりです。

僕が日本でセミナーをしているのはお金を儲けるわけでなくて(一人千円では経費を考えれば赤字覚悟ですが)一人でも多くの人に手技を知ってもらいみんなの将来の視野が広がればと思っています。僕の母校の理事長であられる後藤修司先生曰く、後進の育成に力を注がない業界は廃っていくそうです。僕も同じ意見です。近い将来、みんなが経験を積んだ頃には、いずれ次世代育成の為に一肌脱ぐ時が来るでしょう。

話は変わりますがそろそろ僕のクリニックもだんだん忙しくなって来たのでアシスタントでもいてくれたら一緒に出来ると思っているのですが誰かLAでやりたい方いますか?もちろん僕の手技全てお教えします(でないと一緒に出来ないしね)。良いチャンスだと思うけど….米国で一旗揚げたい人、連絡ください。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
 はじめまして。
先日の湘南医療でのワークショップに参加させて
頂いた者です。日本でトレーナーの勉強をしているのですが、トレーナーと呼称されながらも、いわゆる
マッサージ屋になっている現状にいつも疑問を
持っていました。
また、私の友人でも、ATCと鍼灸マッサージを保有
している人間もいますが、筋にアプローチをし、
いわゆる経絡治療はしていないようです。
そんな中、小松先生の話は私にとって、衝撃でした。
「鍼灸マッサージは体に関わる手段の一つ」という
認識をひっくり返すほどでした。
あの日以来、東医や経穴の授業への取り組み方
も、自分でも驚く程変わりました。
これが、小松先生のいう「シンクロニティ」
ATCかぶれ
2008/07/06 00:49
これが、小松先生のいう「シンクロニティ」で
あるのなら、もしくは、そうでなくても勉強させて
頂きたいです。
次回の上肢編にも、必ず参加させて頂きますので
もし、このコメントを覚えて頂けているのなら
声をかけさせて頂きます。
(ちなみに某学校の3年生です。)
よろしくお願い致します。
すみません、一件目の続きです。
2008/07/06 01:00
こんばんわ!オーリングテストは冷たい缶とぬるい缶と空き缶を使って練習したことがあります!でも神業は見たことがないので是非見てみたいです!!
ようすけ
2008/07/07 23:21
東洋医学の認識が変わったと言うATCかぶれさん、セミナーに参加してもらって多少の影響力を感じてもらえれば幸いです。僕の狙いは世の中広いし、技術も色々あるから若いうちに見といて欲しいという観点から、僕も少しは役に立ったかと思います。僕も師匠や先輩に頂いた素晴らしいものをこれからも次世代に伝えていきたいと思います。

ようすけ、頑張っているようだね。昔、アメリカ研修で知り合った仲が今では頻繁にメールで連絡取り合ってお互いのモーティベーションを高め合っているね。LAにいても日本でチームで働いていても同じ事です。常に目標を持って日進月歩です。
take
2008/07/08 12:19
 こんにちは!
 今回も前進、前進のtake先生のお話を拝見してまた力をいただきました。
 トレーナーの現場、治療者としての現場、教員としての現場…結局は現場で磨いていくしかないなと改めて思っています。
 いただいた名刺のアドレスにmailさせていただきました、またお時間のある時に読んでいただけたらと思います!
Yuni
2008/07/08 14:28
小松先生こんにちは!
24日からインターンでお世話になるヒロキです。
師匠のブログを拝見していると、いろんな場所でがんばっている人の存在を知り、勇気と希望をもらえます。こうして今では当然のように留学生活を送っていますが、支えてくれる人がいて、応援してくれる人がいて、そして今こうやって頑張ることができるんだなーって改めて感じます。そして、こうやってインターンのチャンスをいただけたことは僕にとって最高チャンスなのでやるからには全力でぶつかりたいと思います。小松師匠、よろしくお願いします!

hiroki
2008/07/21 14:32
はじめまして!私はハワイで開業している小林と申します。長野式のビデオを観てから目からうろこが落ちました。鍼灸治療にたいする興味がさらに深まりました。 ぜひ松本 岐子先生のアメリカでのセミナーを受けたいのですが、どこで情報が得られるか恐れ入りますが教得ていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。cocowaikiki@clearwire.net
SK
2009/01/06 10:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューメキシコでの鍼灸セミナー できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる