できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 相談コーナー#21

<<   作成日時 : 2014/12/21 02:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

画像



Q. (中略)開業が上手く行かず、その借金はそんなにないものの自分と自分の将来に嫌気が差してます。この仕事が嫌いなわけではないですがちょっとダウン状態です。アドバイスを頂けたら嬉しいです。
29歳 男性 鍼灸師

A. 本来はもっと長い文章だったけど省いて最後だけ載せました。開業失敗でかなり落ち込んでいる感じのメールもらって、、、俺から元気欲しいとかってあったけど、、、俺は元気売ってるわけじゃないしぃ、、、俺の思ったことしか書けないよ。

人はよく俺はいつも元気でガンガン駆け上がってるように思ってるけど、、、スランプだったり落ち込む時だってよくある。それを人に見せないだけ。人だって見たくもないだろうし。ブログで元気な時は多分本当に元気なんだろうね。そうでない時はわざわざブログ更新しない。本気で書かないとその熱は伝わらないと信じてるから。だから後で読みなおすと熱入り過ぎていつもかなり恥ずかしい(笑)。でもブログって俺にとってリレーのバトンみたいなもんで、、、渡して伝えてなんぼなわけ。だからあえて気にせん!そっちも気にせんといてくれ!

開業する時は覚悟いるよね。正直言って怖いよな。もし上手く行かなかったらって考えるし。だけどこの失敗今でよかったんじゃない。出だしで。これが最後の集大成だったら、、、嫌だよね。うん、今のうちどんどん失敗してつまずきゃいいんじゃない。もっと凹んじゃえぇ。ただし今、先を見据えながら何が悪かったのか、その改める点は何か、そして良い点(自分の武器)は何だったのかを把握してしっかり反省する最良の時だと思う。


“成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。”

ウィリアム・シェイクスピア 


俺も人生色々あるよぉ。みんなそうでしょ。だけど失敗も挫折も何も自分を大きく形成する途中であれば、それが肥やしになれば敢えて良きと思ってる。例えば開業する時の自分の強みってあると思う。例えば腕がいい、人脈や顧客を既に掴んでいる、場所が最高、誰もやってないなどなど、、、全てが整わなくてもいいけどある程度平均点以上とか、何かが突出してるとか勝負するキーポイントがここで問われる。俺は技術に重きを置いている。御存知の通り営業、宣伝、看板はいっさいない。口込みのみで山奥でも遠くとも患者さんが来てくれるような技術に焦点を置いてるからうまくいかないということは腕が悪いということ。そこに繋げてそこに自分を追い込んでる。だから忙しい時は嬉しい。要するにちゃんと稼げてないということは自分がまだまだ下手くそということ、治せない時はその分徹底的に落ち込む。そして這い上がろうとする。その繰り返し。そんでもまだよく落ち込む(笑)。以前ブログの#183 匠の道、#210 仕事の流儀ででも書いたことだが落ち込まない奴に未来はない。失敗と屈辱をしっかり身体に刻み込まないといけない。治せなかった屈辱にまみれながらの悔しい思いは誰でも全員経験する事。そこでどうするかが問われる。自分の師匠クラスの人達の、自信に輝いてる技術にはそれを超えた者のみが羽織れるオーラがある。それこそあんだけやったんだから(経験)何でも来いっ!ぐらいの静かな気迫(自信)も感じる。そこで今の自分に出来る事といえば出来ないことをごまかさないで真摯に向き合って解決していくしかない。技術は一朝一夕に身につくものではないんよ。時間さえ経てばうまくなるものでもないし。英語だってアメリカ住んでりゃ出来るんじゃなくて、日々使うから、勉強するから出来るようになる。テーピングだって治療だって使って場かず踏んで上手くなると思う。ケンカだって恋だって何でもそうでしょ。初めから上手くは行かん。最初っからエキスパートは存在しない。

昔、初めて鍼治療したのが大好きだった祖母だった。祖母の膝に鍼打った。ただ痛いところに打っただけだった。全然効かなかったと思う。でも祖母は良くなったって喜んでくれた。それが半分お世辞だとわかるゆえ、もっともっとうまくなりたかった。俺は落ち込んだ時、初心をよく思い出す。そして自問自答する。本当にうまくなりたいのか? 技術向上の為に今何をしている? また同じ疾患が来た時に今度はしっかり対応できるのか?
ブログとかで偉っそうなことほざいてるくせにお前はどうなんやってね。

いつも言うけど口で言うのは簡単。そして実行するのはどれだけ難しいか。そんでもってそれを継続するのは又どんだけ至難の業か。でもそこから逃げるわけにはいかない。トレーナーだって治療家だって俺達は技術と経験に基づき人をサポートする仕事だからね。上達しなきゃ先はない。若い頃(最初の出だしの頃)はそれでいい。でもその後、人はしっかり判断する。要するに出来るか、又は出来ないか。

結論?しっかり真面目に落ち込んでそこでしっかり何かを掴んで元気に戻って来て下さい。じゃないとせっかく長い時間落ち込んだ意味ないでしょ。俺はいつでも俺も(まだまだ〜)含めて下手くその味方だ(笑)一緒に頑張ろうぜぃ!以上。



“挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。
    
だから成功するまで諦めないだけ”

本田圭佑 

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
自分は失敗することを恐れたりすぐにできないとうろたえたり勝手に落ち込んだり、という傾向があります。最近かなりこの性格が強くなっていました…
自分を客観的にみてこの考え方見直そうと思ってもなかなかうまくいかず。
この記事を見て、少し肩の力が抜けたような気がします。
もちろん失敗しないことも大切ですが、絶対に失敗しないんじゃなくて失敗した時に何かを得られるよう、考え方を改めようと思います!
Kodai Kobori
2014/12/21 07:13
相談者の人は独身なのでしょうか?
家族、ましてや子供がいると、落ち込んでいる暇はありません。
良い仕事、やりがい、理想はあるけれど、そればかりを追求しているわけにもいかない時もあるんです。
開業すれば、一家の主として営業から雑用まで、鍼灸の技術以外のことも重要ですよね。
自分自身は健康ですか?
失敗の上に成功あり。健康であれば、何度でもやり直しはできます。頑張りましょう!
さくら
2014/12/21 16:25
本当にその通りだと思います。
失敗から学び、成長する。当たり前の事なのに影に多大なる努力が無いとそれを成し遂げることは出来ない、と再確認する良い機会になりました。沢山の素敵な言葉、胸に突き刺さります。ありがとうございます!
Kei
2014/12/21 22:57
Kodai、失敗しないようにしても俺もよく失敗します。でもせっかく失敗して嫌な思いもしたんだからそこから何かを学ばなくてはもったいないわけです。逃げんのは一番簡単、んでそこでしっかり対峙して何かを掴むのが学習、学習を行動に繋げてより大きな自己を形成するのが進化。言葉では表しやすいけど実行するのが一番大変で大事なことです。俺も日々反省の毎日です(笑)。
take
2014/12/22 02:52
さくら、おっしゃるとおりですね。
健康であれば何度もやり直しがききます。
失敗なんか恐れてもいきなり現れたりするからね。
恐れるよりもせっかくだから利用しちゃえぇッて感じ。
頑張ってきましょう!
take
2014/12/22 02:57
Kei、日々頑張ってるようですね。患者さんも喜んでいることでしょう。次回は是非、治療して下さい。めっちゃ楽しみにしてます!
take
2014/12/22 03:00
既婚であれ独身であれ、そんなものは関係ない!それはただの逃げ口上、開業するにあたり目標を持っていたはず。その目標に向かっていくのに今、何が足りないのか出来ていないのかを知るべき!落ち込んでる暇があるなら考えてみては?
俺も4月から治療院を新しく開業して日々頑張ってる。
俺にも出来るんだから頑張ろうぜ
nori
2014/12/22 15:48
Nori、開業って調子いい時も悪い時もあってどんだけ踏ん張れるかってのも問われてるよね。そしてプロとして誰でもどこでもどんな症状でもしっかり向かい合えなければいけない。これがホントの力技でこれらをコンスタントに出来るように俺も日々修行してます。みんなで頑張ろうな!
take
2014/12/23 02:22
今回も、素晴らしいメッセージをありがとう。
25年前の開業当時を思い出し、全く同感します。
Never give up!どんなことが起ころうとも、自分が諦めなければ、人生に失敗はないですからね。
私も、武さんの言葉に、元気をもらいましたよ。
Naka
2014/12/25 13:33
Naka-san、特にゾーントリートメントをやっていると取りきれないとことか出てきてふっと昔やってた手技に戻りそうになるところを我慢してもう一度取穴しなおしたり、ヴァイブレーション入れたり色々試みています。もっとうまくなりたいし、必ずなるつもりです。自分も絶対に諦めない様にして来年もまたチャレンジャーとして頑張ります!
take
2014/12/26 03:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
相談コーナー#21 できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる