できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 博士号の授業が始まりました

<<   作成日時 : 2014/08/12 04:31   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



エンペラー大学院博士号の講義が始まりました。
毎年色々な人が博士号で学びます。今年で教えるのは7年目です。基本的に漢方薬剤師の免許も兼ねたカリフォルニア州の鍼灸師免許を持っていないとこの博士号には入れません。殆どの人が大学院卒業後に免許を取ったばっかりですが中には10年、20年の経験を持ってまた再び学びに来ている人も少なくありません。またアジア、ロシア、ヨーロッパから来る人もいて教える方としても十人十色で面白いです。国によって特効穴も禁鍼穴も違うみたい。

画像


日本の鍼灸師の場合は基本的に痛みの治療(肩が痛い、腰が、、、など)が得意な人が多いかなぁ?米国(中医学)の鍼灸師は脈診などで証を立ててから治療するので内臓系(特に漢方薬を使って)を得意とする人が多い様に思えます。もちろんしっかり痛みの取れる人もいるけどこれは俺が思う一般的な意見です。
いつも言ってるけどスポーツ障害や慢性疾患も内臓から来てることも多いので外だけでなく中も丁寧に見ていく必要があるかと思います。

画像


博士号の生徒が苦手としているのはメンタル系らしい。要するに不眠症、うつ、ヒステリー、イライラ、不安症、異常興奮、ADHDその他フィジカルでない訴えも入れると昔と比べるとこの頃メンタルの患者さんが多くなってきたと言われてます。だから俺みたいな治療している人があまりいないから逆にここカリフォルニアで仕事するのが合ってるみたいです。これからもメンタル系のアプローチにもっと磨きをかけて彼らの指導をしていければと思っています。日本のみんなも実は周りが得意としていない治療に力を入れるのもいいかもね。要は需要と供給のバランスですから。

画像


弟子も何人か授業に加わって俺の英語の講義聞いてました。みんな英語出来るし俺のクラスは実技主体なので博士号の生徒と一緒に話しながら練習出来ました。今年もまたテーピングもみんなで出来たし良かったです。博士号の生徒は殆どがテーピング初めてだったのでそれはそれで面白かったです。教えがいもあります。


画像



その後は日頃の弟子への感謝デーということで我が家で思いっきりやっちゃいました。毎回翌朝片付けの時に反省してます。さぁ、これから一所懸命働きましょう!


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
博士号の授業が始まりました できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる