できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 興味

<<   作成日時 : 2013/07/23 02:40   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

画像



この週末、カナダのトロントのレースに行く時に機内で男性のCAが非常用の酸素マスクやその装備の仕方を説明してました。ここんとこ毎週末飛行機に乗っているのでそんなんは何回も見ているし、別に大したことでもなく、かといって無視するわけでもなく、上の空で聞いてました。その内笑い声がするので注意して前を見るとそのCAが大げさなジェスチャーで酸素マスク装着の仕方をデモンストレーションしてるじゃないですか。その動きがかなりオーバーで見ているものを楽しませるものなのです。子供などはきゃっきゃ言ってかなり喜んでます。もちろん声は出さないのでピエロのパントマイムを想像したらわかると思います。気づくと周りの人は殆ど彼に注目し、なんと最後の説明が終わった途端大きな拍手が沸き上がりました。こんなの見たことありません。僕も含めて他の人達もそう思って拍手に加わったと思います。見てて楽しかったし、終わって拍手に相当する仕事(演出=芸)だったと思います。

何か得した気分!ただ飛行機に乗っただけなのに。
ほんのつまらない(大変失礼!)いつもは注目すらしないマスク装着の説明が本当に楽しかったので私も興味深くしっかり見て、覚えました。彼らは普段何の気なしに仕事の一環として1日何回もやっているのでしょう。しかし今回の彼はお客さんを喜ばせることにプライオリティを置き、その結果多くの人が真剣に彼のデモンストレーションをしっかり見てくれたという本来の目的以上の結果を引き出したわけです。最後の拍手がそれを物語っていました。

人は興味があることには気を惹かれるし、真摯にむかうし、その結果記憶に残ります。これは私がやっている講義や治療、そして教育にも繋がることと思います。逆に人は興味が無いこと(=つまらないと感じること)は聞こうとしません。興味がないと寝る人も出てきます。でも興味があって寝る人はいないでしょう。単純明快な理論です。治療にしても、例えば選手のアイシングにしても、効果を説明しそれをわかってもらえば興味を持ってくれると思います。わかっているけどいつもそれにプライオリティを置くのは難しいことです。でも結論から言うと興味を持って聞いてもらうにはそれも大事なことと今回再確認したわけです。ほんのちょっとした発想で結果が大きく変わるならば変えてみようと私自身その一点に興味を持ちました。今後のセミナーや講演で是非反映させたいです。いつもは見逃す事でも気付いたからにはしっかり身に付けて行きたい。その積み重ねが自己を大きく形成することに繋がると信じています。そう思ったら即行動!これだけは今後も変えずに続けて行きたい姿勢です。年を重ねると自分の姿勢やスタンスが決まってきます。でもいいことはいい。慣習や制度や人格にもこだわらず、どんどん合理的に取り入れて行きたいと思った今日この頃でした。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
共感しました!僕もプレゼンとか、人前で話すときにはこのお話をもう一度思い出してみます!
写真は。。。。
たいぞう
2013/07/23 20:55
たいぞうぅ、元気そうですね。
よくfacebook見てますよ。
また近い内に会いたいですね。
ちなみに明日から履正社海外研修がこの2週間始まります。
あれから10年ぐらい経つのかなぁ〜
take
2013/07/24 05:24
take先生の気付きとか洞察力にいつも圧倒されます!
僕ももっと注意深く生活して、たくさん気付いて成長していけるように頑張ります!
あ、ちなみに八月にいろんな人の協力のおかげで開業することになりました!なので、今後もたくさん教えてください!
負けませんよ!(^^)

最後の写真………(; ̄O ̄)
masa
2013/07/24 22:56
masa、頑張ってんなぁ。
開業も波に乗るまで少し時間かかるかもしれないけどポジティブに行って下さい!応援してます!
take
2013/07/25 01:06
患者さんや選手に対して、何回も同じ事を説明したり訴えたりすることって、よくありますよね。
「あぁ、またか・・」と思っている相手に、
いかに興味を持たせ、腑に落ちるように伝えるか。
それも、プロもスキルですよね!
さかもと
2013/08/01 02:03
そうだよね。特に家でやるアイシングとかはただやれと言っても選手や患者さんもなかなかやらないので効果やメカニズムなどを説明して興味を持ってもらうことも俺達のスキルだよね!
take
2013/08/01 08:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
興味 できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる