できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 天災は忘れた頃にやって来る

<<   作成日時 : 2013/01/17 03:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

画像



ちょうど19年前の1994年1月17日未明に、LA市北部を震源とするノースリッジ地震(マグネチュード6.7)が発生し、一年後の同日ほぼ同時刻に平成7年(1995年) 阪神淡路大震災(マグネチュード7.3)が発生した。被害の程度には大きな差があるが、両地震とも、都市機能、市民生活、経済活動、人々の心理に大きな影響をもたらした都市直下型の大地震だった。一般に、日本は施殴面での災害予防に重点がおかれ、アメリカでは管理運用面での緊急対応に重点をおいて、災害管理がなされているといわれている。そして2年程前には東日本大震災(マグネチュード9.0)がおき、今後も絶対ないとは言い切れないのが、私達ではどうしようも出来ない天災です。そして専門家はここ数年のうちに又起こりうる確率も低くないと言っています。また先日、今後30年のうちに大きな地震が起きる確率が70%という調査結果が出ました。

あのLA大地震では震源が14.6キロと浅かった為、高速道路等が崩壊して米国史上最も経済的被害が大きい地震でした。当時僕は学生で週末だったのでLAの友達の家で飲んで寝たとこだった。朝方4時半に地震が起きて気が付いたときはテレビが倒れてて(その横で寝てたので、、、間一髪!)起き上がろうとも立てない状態だった。外の車のアラームが一斉になって停電して、何が何だかわからなくて、もしかしてヤバいかと覚悟を決めそうになった覚えがあります。アレから学んだ事は何があっても動じないよう、普段から用意しておくこと。でもそれしかないよねぇ。いつ来るかわからないし、日本もLAも真下にプレートがあるし、本当に準備する事ぐらいしか出来ない。でももし準備もしてなければ、、、ただ着の身着のまま逃げるしかない訳です。

日本も米国も先進国なので3日間なんとか自分で生き延びれば救助されると言われています。その間、水&食料、薬品、その他必要な物は自分で調達しないといけない。特に家族がいる人は子供や赤ん坊の面倒も見なければいけない。何も持たずに飛び出すと、、、多分寒いし、お腹空くし、大変な事になりかねない。

大丈夫だよぉと果たして言い切れるだろうか。あの震災や津波を目の当たりにして何も準備しないというのは学習していないのと同じだよね。

先日、家の掃除をしたついでに災害用持ち出しバックの中身を新しくしました。
乾電池や水、缶詰など期限が切れたのと取り替えた訳です。
今回は鍼道具とガム、ユンケルなど新たに入れました。鍼も何かあると使えるでしょ。鍼師としての責任かな。もちろんトレーナーとして当然テーピング&救急グッズも入ってます。瓦礫だらけで靴下やシューズもいるし、埃や感染も考えるとマスクも新調しました。薬や服、タオルや懐中電灯(頭に付けるものも)いれるとかなり重くなるけど何かあれば現金や必要書類とそのバックを持てば問題ない様にしました。持ち出せるかどうかはその時の状況によるけど時間があっても何も出来ないよりは、時間がなくても持ち出せるものがあった方がいい。

いきなりこの平和な時代にこんな事言うやつも1人ぐらいいてもいいかなと思ってブログでも書いてみました。実際に役に立つかどうかはおいといて備えあれば何とやらで、みなさんもいらないバックにとりあえずは使わない服とか賞味期限のある食料とか突っ込んでみたらどうですか? 
小心者で心配性の独り言でした。
でも守る人、家族や子供がいる人はもういちど考えてみるべきじゃない?


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今、LAに大地震が来たら、どうなるのか想像しただけでぞっとします。。
トレーナーたるもの用心に越した事はないですよね。防災用バック持っていないんで、今日から用意します。
さとる
2013/01/17 08:37
10年程前に、僕の実家も震度5の地震に見舞われました。以降、家の貯蔵庫にはカンパンや手動ライト、断熱シートなどが保管してあります。地震大国と呼ばれる日本では備えておかないと怖いですね^^;
先日、地震に遭遇した事がない中国人が日本で地震に遭遇した時の事が記載されている本を本屋で見つけました。日本人はちょっとの揺れではそこまで驚きませんが、その方はかなりの恐怖を感じたそうです…
地震は数ある災害の中でも最も恐ろしい災害なのではと思います。
koki
2013/01/17 18:41
satoru, 用意してももしかして使う事は名かも知れないけど、用意してなくて困るよりいいよね。用意してみたら?

Koki、災害グッズ用意しているとの事、たまに入れ替えたりしていざという時の為に今後も続けて準備して下さい。使う事のないように祈りたいものですがこればっかりはねぇ。人間の英知も自然にはかなわないからね。
take
2013/01/18 01:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
天災は忘れた頃にやって来る できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる