できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS ドーピングとその歴史(前編)

<<   作成日時 : 2012/08/21 03:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

画像



オリンピックも終わりましたが今回も何人かの選手がドーピングでメダルを剥奪されました。今回は知ってるようで知らないドーピングのお話をしましょう。アスリートにとって、いや人間にとって、より速く走り、より高く飛んで、そしてより一層強くなる事は永遠の夢です。その人間の体の機能を限界まで持っていく為に薬物摂取に頼る選手が後を絶ちません。これらアスリート達による薬物摂取はドーピングと呼ばれ、その歴史は古代ギリシアにまで遡ります。古代ギリシアのオリンピアの祭典では、競技へと向かう選手達は羊の睾丸を食べ、体内のテストステロン濃度を向上させていたといいます。

本格的なドーピングが始まるのは第二次世界大戦後です。戦争が終結し、東西へと分断された世界でオリンピックがいよいよイデオロギーの戦場と化すに連れ、多くの東欧共産主義国がナショナリズムを背負い自国アスリート達への組織的ドーピングを開始したのです。すると今度は多くの国がテストステロンに代わる合成薬の発見に挑み、1955年、米国の重量挙げ選手団医師ジョン・ツィーグラーがついに筋肉増強剤(アナボリック・ステロイド)を開発しました。

またこの時代に行われたオリンピックでは、ステロイドが更に選手達の間で蔓延しはじめ、アメリカン・フットボールなど攻撃性を必要とする多くの競技で選手達に利用されました。そしてそうした薬物の蔓延を受け、1973年には英国のレイモンド・ブルックス博士がステロイドの検査方法を開発、その2年後からようやくステロイドの使用が全面的に禁止されるようになります。

1970年代、ドーピングの検査が行われるのは実際の競技期間だけであった為、結局選手らはコーチらの指導のもと、トレーニング時にステロイドを服用して身体を鍛え、競技期間のみ服用を止めるといった実情であったと伝えられてます。また続く1980年代にもドーピングは引き続き行われ、特にこの頃からは女性アスリートもそうしたステロイドなどを使用するようになり、また女性アスリートの場合は特に、男性ホルモンであるテストステロンが強く作用することから、そうした薬物の投与によって、その身体に大きな変化を見せる選手も多かったといいます。

1988年、ドーピングはいよいよ世界を巻き込むスキャンダルとなって一般的認知を得ます。その年行われたソウルオリンピックの男子100m決勝で、宿敵カール・ルイスを破り世界記録を樹立して優勝したカナダのベン・ジョンソンが、ドーピングを受けていた事が発覚しました。僕もちょうどこの時は選手村で米国陸上チームの選手たち一緒にカールを応援していて(当時僕は22歳、USAオリンピック陸上チームトレーナーでした)、決勝で負けてみんなで残念がった事を覚えています。後にベン・ジョンソンが失格となり、カールが金メダルを獲得したのですが……。

翌年1989年には国際アスレチック機関により抜き打ち検査が開始される事になるのですが……その日以来、女性の種目12種目で世界記録が更新されていないというのは何とも皮肉な話であります。
(後編に続く)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
素朴な質問です。
漢方はドーピング引っかかるんですか?

もし引っかかるとしたら、どんなものですか?
中には、引っかからなかったとしてもやばいのありそうですよね・・・。
ばんぶ〜
2012/08/22 23:11
漢方薬でも普通の普通に売ってる風邪薬でも厳密に言うとその成分が含まれているものもあります。選手の中には引っかかるのを危惧して試合前には薬を服用しない選手もいます。ただ中国チーム等は処方時の配分を考えたりしているようです。米国チームは基本的に漢方薬は使いません。もし使用したい場合はチームの医師に相談してからにします。韓国等のチームも同じようです。日本は基本的に余り使わないと思いますが、、、いい質問ですね。
take
2012/08/24 02:27
返事遅くなり申し訳ないです。
ありがとうございます。勉強になりました。
ばんぶ〜
2012/09/06 00:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドーピングとその歴史(前編) できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる