できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 質問コーナー8

<<   作成日時 : 2011/04/28 08:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

画像



Q. 今回の災害での義援金はちゃんと被災者に届くのですか?
(鍼灸師 男性 34歳)

A. まず「義援金とはなにか」。実は、義援金は、救援金・寄付金とは違うということを知っている必要があります。義援金は、日本国内で発生した大規模な災害により生命・財産に大きな被害を受けた方々に対する慰謝激励の見舞金の性格を持つもので、受付けた義援金は被災された方々に全額、迅速かつ公平に配分されます。

  日本赤十字社の場合も、日本赤十字の事業そのものを支援する「寄付金(社費)」とは全く別のものとして扱っています。義援金は、日本赤十字社だけでなく報道機関など多くの団体が受付け、第三者機関である義援金配分委員会(被災自治体、日本赤十字社、報道機関等で構成)に拠出されます。義援金配分委員会では、各機関で受付けた義援金をとりまとめるとともに、配分基準を作成し、被災された方々へ配分を行っています。ですから、日赤やユニセフも「義援金」と名のるかぎり、基本的には勝手に手数料を差し引くようなことはできません。もちろん、郵送やその他の経費に対してもいっさい義援金には手をつけてないらしいです。色々な噂の中、半分ぐらいは経費で使われてしまうというのを僕も聞いた事がありましたが、そうでもないようです。

さらに、自治体あてに直接送られる義援金の使途は行政長の判断によるようです。ただし一般的には、ほかの義援金と同様の扱いをされるようです。ちなみに災害直後にボランティア団体などが要した経費に対しては補助はされていないようです。

僕も今回の来日時に義援金の募金をしてきました。でも募金をする際に誰でも思うのはこのお金を有意義に使って欲しい、この思いが被災者に届いて欲しい、そして復興や復旧に大いに役立って欲しいというという事です。

今、秋の被災地での鍼灸マッサージ師としてのボランティア活動を模索しています。対象は被災者か被災者に対して復興活動をしている自衛隊や消防隊、又は原発問題に取り組んでいる人達かはまだ決まってはいませんが、僕も現地に行く事を考えているのでしっかり計画を立てるつもりです。今と違って(半年後)なので状況も変わっているかと思いますが、それへの新情報、又は経験談等、コメントして頂ければ幸いです。

日本は鍼灸師の活動範囲が狭い、身分が低い、認識されていないと言われていますが、こんなときだからこそ出来る事をやりたい。僕らの結束した力を届けたい。そして ”鍼のパワー”というものを教えてあげたい。そうすればおのずと僕たちへの認識も高まるのかもしれませんね。(参照/転用 Bridge USA)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントが、遅くなってしまいましたが、僕はあれから、中封と尺沢に、鍼と灸をしています。
小松先生に教えてもらったパターンと、確認をしっかりとしていきたいと思います!

僕は、3月に東京に行ってきました。
地震後だったので、人が本当にいなかったです。
まだ免許を持っていないので、力にはなれませんが、いつか被災地の皆さんの力になれるよう、精進していきます。

話は変わるのですが、僕はアメリカに行って何かしてみたいと考えてるのですが、やっぱり英語などが、壁になってくるかと思います。
日本で、出来ること、こんな本を見とけば大丈夫!など、良かったらアドバイスのほう宜しくお願いします。


Sikoku Seike
2011/04/28 18:12
英語は基本的な文法がわかればあとは話す(会話)ように、話す機会がなければ常に使うフレーズを100ばかり暗記して何か言われたり、表現したければそれが直ぐ口に出る様にして下さい。単語や難しい文法は大学入試以外は必要ありません。話せば、聞ける様になります。要するに発音出来ない言葉は聞いてもわかりません。

本ですけど日常では週に5冊は文庫本等を読みます。でも鍼灸の本は余り読みません。特に特効穴のたぐいは、、、嘘ばっかしとは言わないけど(僕が下手なだけですけど、、、)効いたためしがない。ごめんなさい。ブログなので正直な意見、お許し下さい。毎回。来日すると本屋に行ってチェックするけど、余りお勧めするのがないので、、、いい本があれば皆さん、僕に推薦して下さい。是非、読みたいです。

松本岐子先生の本は2冊とも英語です。長野潔先生の本は2、3冊持ってます。でも難しいので読んでません(笑)。というのは脈診が入ると何がなんやらわからんので、、、いつか読んで理解出来る様になりたいです。でもこの2人の本はお勧めです。

僕は米国でセミナーや講演に精力的に参加してます。他の先生方のやり方で僕の治療法に合っているのはのめり込んで自分のものにします。それをみんなに簡単に教えています。難しいものに挑戦して途中であきらめるより、簡単なものを何度も繰り返して自分の手技にする方が僕に合ってるからです。合ってる事の方が続けやすいし。

特に学生さんに言える事は今のうちに自分にあった治療法を探って下さい。それを続ける内に自分のものとして確立していきます。卒業してからはそれで稼いでいかなきゃね。家族も養っていかなきゃだし。頑張って!
take
2011/04/29 13:23
たけ先生先日はありがとうございました。

アメリカ研修で教わった手技がいくつかあったので、「次はあのツボかな」と頭の中で考えることができました。
先生の言ってたように、その積み重ねによって1つずつ治療ができていくのだなと感じました。

テーピングもですが鍼もしっかりと練習します。
KEG しんのすけ
2011/04/30 23:38
コメントありがとうございます!
ホントに嬉しいです!

あとは、自分が実行するだけですね。
頑張ります!

Sikoku Seike
2011/05/01 00:48
今時、自宅にパソコンがなく、久々に実家に帰って来ることができ、ようやくコメントすることができます。わけあって携帯ではできなくて・・・。約一か月前になりますが神奈川衛生学園での講演では大変お世話になりました。毎回驚かされますし実際まねしてやってみても結構な確率で効くので更に驚かされます。また、秋にお会いできる日を楽しみにしております。基本治療を一からメインでやるとのことでしたが出来たらでいいんで浮腫みの治療法もお願いします。今度こそはアドバンスコース参加します。。。
元小和田小でした。失礼します。。。
bamboo field
2011/05/28 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
質問コーナー8 できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる