できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 被爆予防について

<<   作成日時 : 2011/03/16 02:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


福島第一原発で高濃度の放射能が漏れたことによる健康への影響や予防法をまとめた。

Q.どんな放射性物質が飛び散るのか?

A.比較的影響が小さいものから大きなものまで様々な放射性物質が存在する。特に人体への影響が大きいのが、ヨウ素、セシウム、ストロンチウムだ。

Q.放射性物質はどう広がるのか?

A.風下に流れていく。一般的に、原子力施設から離れるほど、放射性物質が拡散し薄まり、放射線の量も少なくなる傾向がある。自治体や原子力施設は、空気中の放射線量を測定するモニタリングポストを各地に設置している。その測定値や、放射線物質の種類や量、気象条件などから今後の飛散の予測をたて、政府や自治体が屋内退避や避難の指示を出す。測定値は、気象条件によって変わり、指示も変化するので、今後、テレビやラジオでこまめに情報を収集することが大切だ。

Q.屋内退避と言われた地域ではどうするか?

A.不要不急の外出は控え、自宅など屋内で過ごすことが肝要だ。屋内では、窓やドアを閉め、換気扇も止めれば、放射性物質が侵入しにくい。ただし、屋外の放射性物質から出る放射線を遮る力は、木造の場合、コンクリートや石造りと比べ弱くなる。なるべく放射性物質からの距離をおくことが大切なので、心配なら家の中心部で過ごすと良い。洗濯物は外に干すと、通常より多くの放射性物質が付着するおそれがある。問題ない程度のことがほとんどだが、一つ一つ汚染を確かめられないので、室内に干すのが無難だ。

Q.水は飲んでも大丈夫か?

A.周辺地域の井戸水は、念のため、地域の保健所などが安全と判断してから飲んだ方が良い。水道水は基本的に問題は少ないと思われるが、心配なら、安全かどうか判断を待って飲む。

Q.どの程度の放射線を浴びたら危険なのか?

A.はっきりしたデータはないが、一般的には、健康に明らかな影響が出る被曝(ひばく)量は、およそ100ミリ・シーベルトと言われている。これより低い場合は妊娠中でも胎児への影響も出ないことがわかっている。

Q.どんな症状が出たら注意が必要か?

A.症状は、主に2、3週間以内に出る急性の症状と、数か月から1年以上たって出る症状がある。急性の症状は、短時間に大量の放射線を浴びなければ出ない。今回の事態による被曝量は、敷地内に長時間滞在する作業員などを除いては、こうした急性の症状が出るおそれのない程度と考えられている。

Q.健康被害を防ぐ安定ヨウ素剤はどこで入手できるの?

A.安定ヨウ素剤は、薬局では売っていないし、医療機関でも健康な人には処方されない。ヨウ素が大量に取り込まれる恐れがあると専門家が判断した地域の住民に限り、甲状腺がん予防のため、避難所などで配布される。副作用もあり、服用できない人もいるので、医師の指示で飲むことが重要だ。

Q.自分がどのぐらい被曝したか心配だ。

A.被曝線量は、染色体の分析や症状、血液検査、内部被曝を測定する全身計測装置などで調べて総合的に評価する。ただ、染色体の分析ができる専門家や、全身計測装置は非常に少なく、個人の希望で実施はできない。災害時は、現場で作業にあたった従業員や、一定以上の被曝の疑いが高い住民のほか、原発からの距離に応じて、何人かを選んで行う。

(2011年3月15日 読売新聞)

Q.避難などでどうしても外に出なくてはならない場合は?

A.帽子をかぶるなど、肌を露出させない服装をした上で、鼻や口を湿らせたマスクやハンカチで覆う。ハンカチがなくても、トイレットペーパーを折りたたんで口にあてるといった方法もある。雨が降った場合は、空気中に浮遊している放射性物質が雨と共に落下するので、雨にぬれないようにすることが重要だ。

Q.体に付着したら、どうすればいいの?

A.まず、服に放射性物質が付着した場合は、衣服を脱いで、ポリ袋に入れて口を縛っておく。体に付着した場合は、ぬるま湯などで体をふいたり、シャワーで洗い流したりして「除染」を行うことが必要だ。除染できれば、放射性物質は身体から取り除かれる。そばにいる人に影響を与えるおそれはなく、避難所などで生活しても問題ない。

Q.放射性物質は風にのって、飛んでこないの?

A.放射性物質は、遠くなればなるほど、放射能は薄まる。ヨウ素131は空気より重いので、風が弱ければあまり遠くまで拡散しない。現段階では、例えば200キロ以上離れた東京の人が、むやみに心配する必要はない。

(2011年3月15日 朝日新聞)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今一番危惧している被爆の事を簡単にまとめてみました。

まだ余震が続いてます。地震発生から数日経って、不安とストレスのかなりの事だと思います。

でもこんなときだからこそ、お互い励まし合って乗り切ろう。

正しい情報に基づき、適切な行動がとれるよう知らない人には教えてあげて下さい。

I pray for Japan.
take
2011/03/16 02:24
ありがとうございます!

関東圏の友人が多いので
mixiに
転載させてもらいました!

色々な情報が交錯しているので
的確に情報を取捨選択できるように
していきたいです。
みお
2011/03/16 14:47
お疲れ様です。
井上貴裕です!!!

今は余震などの影響で、計画停電など色々と問題続きです。

だけど、今は自分のできる事をやるだけです。
頑張ります!!!
たかひろ
2011/03/16 22:57


武さん!!!
ありがとうございます。


色々と調べて頂きありがとうございます。


自分は大阪で被害はあまりないですが今はバイト先で義援金を集めて日赤に送るつもりです。


どんどん情報交換もしていくつもりですのでよろしくお願いします。
大阪校 りゅうじ
2011/03/16 23:14
連絡が遅れてすみません。
落ち着くまで少し時間がかかりました。
今は福島県の実家に避難しています。会津の方なので大丈夫です!たくさんの方に心配のメールをいただき感謝しています。近所でも炊き出しの援助を被災地に向けて行われています。東北人は負けないです!!
強い気持ちを持って生活していくのでみなさんよろしくおねがします。
ケン
2011/03/21 13:05
ケン、元気そうで良かったよ。連絡してくれてありがとう。研修の友達、みんな心配してるよ。これからも力になりたいし、何かあったら連絡してね。
うん、強い気持ちで頑張って下さい。いつも応援してます!
take
2011/03/22 07:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
被爆予防について できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる