できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学院での授業が始まりました。

<<   作成日時 : 2009/10/07 12:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

先週末から僕の母校でもあるカリフォルニア州サンタモニカにあるエンペラー大学院の博士号で授業が始まりました。ここでの僕の授業は日本でのセミナーなどでみんなに教えている鍼灸の手技だけでなく、スポーツテーピングからモビリゼーション、理学療法ストレッチ、そしてアスリートが手術後に競技に復帰するための段階別エクササイズなどをパワーポイントプレゼンテーションで指導しています。

3年前に僕が卒業したときのクラスは最初に20人いたのが最後には10人になりましたが、今のクラスは最初から8人と少人数です。まぁ、博士号は常に少人数なので教える方ももちろん、一人一人の名前が覚えられて教えやすいのですが、、、。さぁ、何人残れるでしょうか?

全ての生徒は鍼灸免許を持っていて、殆どが僕より年上で、みなさん自分のクリニックで患者を持って治療しながら大学院に通ってます。その中の何人かは僕のクリニックでインターンをしながら手技を学びます。これをメンターシップと言って必ずどこかのクリニックで学ばなければなりません。その他にも博士号ではリサーチ、出版、リーダーシップ、研究、そして教育を基本に学びます。そしてそれらを次世代に伝えるわけです(今思えば、僕も当時は大変だったなぁ〜)。

先週の授業では日本のアドバンスコースで教えたようなことを実技も入れながら教えました。中にはしっかり治療できる人、そうでない人などまちまちでみんなでディスカッションしながら朝の9時から夕方の6時迄あっという間に過ぎてしまい、でも楽しく授業が出来て、僕も充実の週末でした。

やっぱり人に教えることっていいですね。生徒がわかったり、出来るようになったりすると自分のことのように嬉しくなってしまいます。11月にはまた日本でのセミナーが始まります。また大勢の人と一緒に勉強できる事、楽しみです。

もう既にセミナーの受付が始まっています。11月にだんだん近くなってきて申し込みが増えてきますが閉め切る前に申し込みしてくださいね。それでは又!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大阪会場一番乗り予定の山下&笹尾です、今回もよろしくお願いします。
日本では治療トレーナーが多すぎますね、治せばよいのではなくその原因を検索し改善させてこそ初めて治療といえるのではないかと思います。またお会いできるのを楽しみにしています。
山下&笹尾
2009/10/08 12:28
僕がいつも言っているのは、、、
トレーナーの役割で大切なのは予防です。
怪我する前にそれを予防する。
何かが起こる前にそれを予見し、予防する。
原因を探す事は必要だよね。
take
2009/10/10 02:59
お久しぶりです☆
アメリカでTAKE先生にアドバイス頂き、考えた結果、今自分の夢に近いと思われるバイトに変えて頑張ってます♪
次は飲み会も参加したいですっ(人・∀・)
11月またお会い出来るのを楽しみにしていますっ!!
ひなこ
2009/10/15 00:21
予防や疾患の原因を推測して治療するのは大切ですね。
でも難しいっすわ。
患者の主訴は今の痛みをなくしてほしい。でも、そのためには『負の運動学習』を改善しないといけない。面倒くさいトレーニングもしなきゃいけない。なかなか患者のモチベーションはあがりません。2〜3日で運動制御が変わるわけありませんし。
良くなってきたら患者さんから「次なにしたらいいの?」って聞いてくれるんですけど
リハビリに正解はないと良く聞きますが、おかげで文献もたくさん読まなきゃいけない。
まぁ、これがこの業界の面白いとこでもありますが。






コート
2009/10/17 17:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学院での授業が始まりました。 できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる