できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS シンクロニシティ

<<   作成日時 : 2008/05/26 12:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シンクロニシティとはユングがつくった言葉で、直訳すると「共時性原理」、"意味のある偶然の一致"のことです。通常の因果律では因果関係が見いだせない事象における確かな因果関係のことをいいます。日常生活でも、噂をしていた人物が現れた、遠い旅先でばったり知人にあう、必要としていた物を貰う等と頭のどこかで考えている事や必要としている事が現実として起こる事を言う事もあります。

 18日の兵庫医科大学での鍼灸セミナーを皮切りに数々の学校での講演を経て、昨日の湘南医療福祉専門学校での鍼灸セミナーを最後に今回の来日講演は無事終了しました。関西も関東もおかげさまで定員をかなり大幅に上回る大盛況で用意したプリントも足りなくなるという嬉しい(!?)事態となり僕の方もいつも以上に気合いの入る事となりました。セミナー後の懇親会(写真)もかなり盛り上がり、みんなとも色々話が出来て楽しかったです。今回もセミナーが成功に終わったのは陰で支えてくれた方々のおかげです。学校側、先生方、スタッフの皆さんにこの場を借りて深く感謝致します。ありがとうございました。 関西方面では前回の頚部編に来られなかった人が次回は多少の復習も兼ねてやって欲しいと言う要望があったので関東の方ではその反省点をカバーすべく少しおさらいもやりました。関西のセミナーに今度いらしてくれる方、是非次回は頚部編からの復習もやるので御了承くださいね(短い時間だったので復習出来ずにごめんなさい)。 

毎日多くのメールをセミナー参加者から頂きます。お礼のメールや近況報告、質問等色々ありますが中でも一番嬉しいのは僕のセミナーで習った事をチームの選手や患者さんに試して良い効果が出たというものです。まだ学校に通っている生徒さんからの初めて鍼の効果を実感した!という感謝の手紙などはそれこそ僕も自分の事の様に嬉しく思います。いつも同じ事を言う様ですが技術は知っていても、持っていてもそれを使えなければ意味がありません。使って効果を出して初めてその技は自分のものになるのです。やってみて今ひとつ効果が出なかった人はもう一度、取穴点を確認してみてください。それでもという人は是非僕に文句のメールを下さい(笑)。僕なりの意見やアドバイスを返信させてもらいますよ。 

去年から始めたこのセミナーで色々な人と出会います。今回も北海道、九州、広島や佐渡島からわざわざこの為だけに飛んできてくれた人もいました。10年以上前にアメリカの研修で初めて出会った人、ネットで僕を見つけて駆け付けてくれた人、何年も前に卒業したにもかかわらず母校での講演の噂を聞き、担当の先生にお願いして潜り込んで来てくれた人等、そんなにまでして会いに来てくれたと思うと本当にもう…..うぅ、(号泣中)。僕にとっては初めての出逢いも再会も偶然でなく必然の様に思われるのは日本に住んでいないからなのかも知れません。

先日、セミナー参加者から頂いたメールの一つを紹介させてもらいます。 鍼灸免許を取得したものの、痛みの周りのツボを使っていただけの治療法に行き詰まりを感じていました。そんな矢先に小松さんのセミナーの事を友人から聞き参加させて頂きました。(中略)小松さんに出会えた事を運命というのは大げさかも知れませんが自分の中でピーンと感じたものを大事にしようと思っています。これからも小松さんの技術と元気をもらいにセミナーに参加させてもらいます。

 多少前後を省きましたが彼女の言わんとした事は僕も以前何回か感じた事です。師匠の岩崎由純氏、松本先生、中野先生、、、多くの素晴らしい人達に出会えた事は僕にとってシンクロニシティだったのかも知れません。僕自身も行き詰まったり、悩んだりと経験して来ました。でもその時に真剣に考えたパワーが、それを打破しようというポジティブな思いが、心のどこかで彼らとの本当の出逢いを望んでいた自分がそれを引き寄せてくれたのかも知れません。大事なのはそれを受け身として流すか、それとも自ら動いて変えていくか。あなたはシンクロニシティを信じますか?

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
シンクロニシティ できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる