できるスポーツ医学!いきる東洋医学!

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2007/09/09 14:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

セドナから車で10時間、一人で荒野をすっ飛ばし目指すは友人のクリニックがあるニューメキシコへ。その友人の中野さん(写真)は僕と師匠を同じとする兄弟子のような方です。松本師匠のセミナーで知り合った中野さんには今迄も何度かご指導頂き、今週は4日間、彼のアシスタントとして彼のクリニックで見学させて頂きました。

彼の特徴的な治療法としては内臓系疾患や、又漢方薬を処方する際に薬を患者の手にのせてその薬がその患者に適しているかどうかを彼流のオーリングテストで先ず検査して調べてみる。適量かどうかもこの方法で詳細にわかる。どんないい薬でも患者に合わなければ意味がないですからね。鍼治療と漢方薬との二段構えでのアプローチで、これが又うまく融合していて患者にも納得いく治療とすこぶる評判がいい。毎日20人から30人を一人で治療されてます。予約も2、3ヶ月待ちだそうです。

彼の信念として患者がクリニックを出る時には必ず笑顔で帰す。少しでも痛みや訴えを軽くしてから帰ってもらう。良くなって帰さなければ患者は戻って来ない。これを徹底している訳です。僕らみんな施術者はこれを望んでいる訳ですが、必ずしもうまくいく場合だけとは限らない。その初心を常に念頭に置いて中野さんは日本人鍼灸師として日夜、人知れず活躍してます。

昔、僕が日本を離れ米国で勝負しようと思ったきっかけは自分がどれだけ通用するか試してみたい。僕は若気の至りで単に思っただけですがこれを真田幸村に言わせれば“男として生を受けたからには自分の資質を世に問うてみたい。”彼が豊臣方について大阪城の出城として作った真田丸で戦う最後に言った言葉らしいです。

本物の資質であればそれは人や場所を問わずに発揮出来るはずです。 今回は自分なりにどこでも通用する本物を求めて修行に行って来ました。その本物全部、秋のセミナーで皆さんにお見せします。楽しみにね。と言う訳でこれから10数時間、一人で荒野を抜けてロサンゼルスに戻ります。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − できるスポーツ医学!いきる東洋医学!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる